まなびナビ(ManabiNavi Let's Enjoy Learning)

学習参考書・知育教材を選ぶなら「まなびナビ」
子どもに学ぶ喜びをお届けします

  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド・FAQ
  • ご意見・ご要望

こだわり検索はこちら

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Googleブックマークに登録
  • はてなブックマークに登録
  • livedoorブックマークに登録

月の満ちかけ絵本

  • まなびメンバー登録:登録で30ポイントゲット
  • 編集部おすすめ

評価:★★★★★5.00
→レビューを見る1件

本体価格:¥1,200+税

作:大枝 史郎  絵:佐藤 みき

出版社:あすなろ書房
発行日:2012年09月20日

編集部おすすめ
ひとめぐり29日半 月の満ちかけの旅に出かけよう
29日間の月にまつわるお話を読みながら、月明かりやその満ち欠けと深くつながっていた古代の人々のくらしに想像がふくらみます。太陽を回る地球と月の関係や潮の満ち引き、日食や月食の不思議といった科学的な知識も、丁寧にわかりやすく解説されていて、巻末には2019年までの月の満ちかけ表も付いていますよ。
みどころ
夜空に浮かぶお月様。毎日見上げていれば、その姿が日々変わっていくことに子どもも気がつきますよね。
新月に始まり、上弦の月、満月、そして明けの三日月まで。
ひとめぐり29日半の月の満ちかけの旅に出かけてましょう。

秋だと1時間、冬だと2時間という短さで沈んでしまう「三日月」を、昔の人は望みをかなえてくれる月として大切に崇めてきたのだそう。
満月が完璧な美しさを放つときははかない。世の中や人生と同じく、満ちていく直前の十三夜の月もまた、実に美しい。
19日目の月は「寝待月(ねまちづき)」。布団に入る時間まで昇ってこないから、寝ながら待つことにしたんだよ。
29日間の月にまつわるお話を読みながら、月明かりやその満ち欠けと深くつながっていた古代の人々のくらしに想像がふくらみます。

太陽を回る地球と月の関係や潮の満ち引き、日食や月食の不思議といった科学的な知識も、丁寧にわかりやすく解説されているんです。
「月のもようは、なにに見える?」日本ではうさぎがお餅をついている姿だといわれるけれど、「本を読むおばあさん」「吠えているライオン」・・・世界のほかの国々では全く違うものに映っているなんて、おもしろいですよね。
巻末には2021年までの月の満ちかけ表も付いています。
カレンダーも時計も便利だけれど、時には昔の人々のように月を見上げながら、この日この時をゆっくりと感じてみませんか。

(竹原雅子  絵本ナビ編集部)
出版社からの紹介
新月から三日月、そして満月を経て、再び新月へとめぐるサイクルを、わかりやすくたどるユニークな知識絵本。 宇宙の不思議に迫ります。2014年〜2021年の満ちかけ表付き。
そのほかのデータ
ISBN:9784751526958
B5版 40頁

絵本ナビからのおすすめレビュー

★★★★★ それぞれの月がよくわかります。
月の満ちかけに関わる色々なことがとても分かりやすい説明と絵(図)で載っていました。
一番の特徴は、それぞれの月の形を一日目の月(新月)、二日目の月(ふつかづき)、三日月(みかづき)……、十五日目の月… →続きを読む

powerd by絵本ナビ

絵本ナビのすべてのレビューを見る(7件)

この本を見ている人、こんな本も見ています

ともだちや

評価:★★★★4.00
→レビューを見る(1件)

本体価格:¥1,000+税

ごろりん ごろん ころろろろ

評価:募集中
→レビューを書く

本体価格:¥1,000+税

ちいさなくれよん

評価:募集中
→レビューを書く

本体価格:¥1,200+税

はらぺこあおむし

評価:★★★★★5.00
→レビューを見る(1件)

本体価格:¥1,200+税

訪れていただいた皆様へ
メンバー登録(無料)をすると レビュー投稿でポイントが貯まる!貯まったポイントで本・教材が買える!
  • 新規メンバー登録
  • サインイン
絵本ナビメンバーは登録不要!こちらよりサインインいただけます。
絵本エイド ―こころにひかりを― 東北地方太平洋沖地震被災地支援プロジェクト
売れ筋ランキングBest3
もっとも販売数が多い本・教材
第1位
評価:募集中
→レビューを書く
本体価格:¥1,300+税
第2位
評価:募集中
→レビューを書く
本体価格:¥1,400+税
第3位
評価:募集中
→レビューを書く
本体価格:¥900+税
注目度ランキングBest3
もっともアクセス数が多い本・教材
(C) IID, Inc. / (C)Ehon navi Corporation