まなびナビ(ManabiNavi Let's Enjoy Learning)

学習参考書・知育教材を選ぶなら「まなびナビ」
子どもに学ぶ喜びをお届けします

  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド・FAQ
  • ご意見・ご要望

こだわり検索はこちら

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Googleブックマークに登録
  • はてなブックマークに登録
  • livedoorブックマークに登録

【特集】お絵かき大好き! ― 伸ばしてあげたい、子どもの描く力

竹原 雅子 2011/07/26

子どもはみんな、生まれながらにして絵を描く天才!

一度鉛筆やクレヨンを持たせれば目をキラキラさせて思い思いに描く姿には、子どもの無限の創造力を感じますし、思わずハッとするような鮮やかな色使いや、見ているだけでウキウキワクワクしてしまう想像の世界は、いつも私たち大人に、新鮮な驚きと感動を与えてれます。

子どもの描く絵は、その成長や性別によって変わっていくのだそうです。
例えば1歳〜2歳にかけては点や線を思いのままに描くなぐり書きの時期ですが、4歳ぐらいになると、意味を持つ形や、人や車・家など象徴的なものを描くように。
8歳までには、動きや表情のある人間、太陽・草木などの自然を、図式的、空間的に描く力がついていきます。
急に表情のある人や動物を描くようになったり、ストーリー性のある絵を描くようになったり…絵を通して「成長したな〜」なんてしみじみ感じること、ありますよね。
更に男の子は強い、速い、メカニックなものなど闘争的な題材、女の子は家、花・小鳥などの小動物といった平和的な題材の絵を描く傾向がある、というのも、男女の絵を比べてみると、なるほど納得です!

このように変わっていく絵の段階に合わせて、与える道具や教材を変えていってあげると、子どもはさらに自由に伸びやかに、描く楽しさを味わうことができるのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもの豊かな感性を引き出してあげる本、物を描く時のコツをつかむ本などをご紹介します。

間もなく夏休み。旅行やアクティビティ、イベントなど、今年も親子でたくさんの思い出ができることでしょう!
楽しかった夏の1ページを、お子さんと一緒に、是非絵に描いてみてくださいね。

まずは「らくがき」から始めよう!

らくがき絵本 五味太郎50%

著者:五味 太郎/出版社:ブロンズ新社/発行日:1990年

「らくがきこそが絵のはじまり」ようこそ!五味太郎ワールドへ
「五味太郎50%」というタイトルどおり、五味さんのイラストがガイドをしてくれますが、残りは自分で思い思いの絵を描き完成させていく絵本です。テーマは「自分の顔」「トラの模様」から「透明人間」まで、子どもの想像力をかきたてるものばかり! 一人ひとり個性豊かな絵になることでしょう。我が子の大切な記念にもなりますね。

らくがきだいすきかいてみよう

作:丸山もも子/出版社:パイインターナショナル/発行日:2011年03月

お絵かきの苦手な子も思わず筆が進む!
子どもたちがスムーズに描き進めていけるような線やイラストがあらかじめ収録されています。「冷蔵庫の中身はなに?」「どんな絵が飾ってある?」という問いかけに、子ども自身が簡単な色やイラストを加えるだけで、1枚の絵が完成するようになっています。
アイデアあふれるイラストが満載の、楽しいらくがき絵本です。

おえかきブック

作:はた こうしろう/出版社:コクヨS&T/発行日:2007年10月

成長の記録に、プレゼントに。子どもが描く思い出絵本
子どもの自由な発想で絵を描いたり色を塗ったりして進行する物語。読むだけでなく楽しく絵を描きながら、思い出を残すことができる絵本。創造性を刺激するように、イラストや問いかけが盛り込まれています。
かわいい専用ボックスに、絵本作家・はたこうしろうさんがセレクトした8色の色鉛筆がセットになっていて、プレゼントにもステキです。


描く楽しさ・色の美しさを感じよう!

22の色

著:とだ こうしろう/出版社:戸田デザイン研究室/発行日:1985年

子どもたちに伝えたい、日本の美しい色彩。
わかくさいろ、すみれいろ、やまぶきいろ…といった美しい日本名の22の伝統色を選び、紹介しています。
味わいのある奥深い色合いが、原色とはひと味違う豊かさと温かさを感じさせてくれます。
日本の色は自然からとった名前の色が多く、草花や日本の風景を描く際の色彩感覚を育んでくれそうです。絵の具を使うお子さんは是非、この22の色を作ってみてくださいね。

えをかく

作:谷川 俊太郎/絵:長 新太/出版社:講談社/発行日:2003年

谷川俊太郎&長新太の不思議世界。シンプルな絵の魅力が満載!
詩人・谷川俊太郎さんの心地よい詩にのって、長さんの描く世界がのびのびと広がっていきます。 何となくから始まったお絵かきが、次から次へと想像が広がり、別の世界が生まれてゆく楽しさ、ワクワク感。子どものお絵かきを心を刺激してくれるでしょう。

色のえほん

著:早坂 優子/編:視覚デザイン研究所 編集/出版社:視覚デザイン研究所/発行日:2001年04月

ストーリーにのって色の基本を学べる1冊
「あおくん」「あかちゃん」「きいろちゃん」きれいな色たちが展開する7つのショートストーリーにのって、色彩の基礎を学べるとっても楽しい色の絵本です。三原色や純色、無彩色、色相・明度・彩度、色立体など、本格的な内容もとても易しく、わかりやすい!

コレでなにする?―おどろき・おえかき

著者:海野和男/出版社:ソフトバンククリエイティブ/発行日:2009年07月

芸術家たちの奇想天外な「おえかき」
画面をグローブでたたいたり、大きな紙を体当たりで破ったり、はだしで絵の具をのばしたり…。モダンアートの芸術家が考え出した「おえかき」は、道具も技も驚き! 作家の発想の大胆さにびっくりしたり、時にはくすくす笑ったり。優れた作品とその手法に触れ、ものごとを自分なりに描く楽しさを味わえます。

木をかこう

作・絵:ブルーノ・ムナーリ/出版社: 至光社/発行日:1982年

世界的デザイナー・ムナーリによる木の描き方の本
イタリアのデザイナー・ブルーノ・ムナーリが、木の描き方を通し、デザインの基本をシンプルに魅力的に伝えます。基本のものに少しアレンジするだけでこんなに変わるんだ、という驚き。 絵のみでなく、人の生き方・考え方にも通じています。


描き方のコツをつかもう!

なんでもかけちゃうよ

著者:エド・エンバリー/出版社:偕成社/発行日:1999年

見ているだけで楽しくなる、エド・エンバリーの絵描き絵本
三角や丸、矢印といった単純な図形や線を組み合わせて、赤ちゃんから駅馬車、スカンク、ティラノザウルス、冷蔵庫と400以上ものイラストの描き方が紹介されています!描く順序が絵かき歌のようになっているので、親子で楽しくお絵かきできますよ!

あきびんごの創造性を高めるドリル おえかき博士

著者:あき びんご/出版社:くもん出版/発行日:2010年12月

絵本作家あきびんごのお絵かきドリル
簡単な線や形をかくだけで、48種類の動物の顔を描き分けることのできる、お絵かきのドリル。まずは動物の顔の一部から、顔全体を描くことまでをくり返す事によって、それぞれの動物の顔の特徴をとらえる力が育ちます。

ドラえもんの図工科おもしろ攻略 絵とデザインがとくいになる

ドラえもんが絵のおもしろさを教えてくれる1冊
小学生になると上手、下手"が気になり、絵を描くことが苦手になってしまう子もいますよね。この本は、一人ひとりの子どもの良さを引き出し、自発的にのびのびチャレンジできる内容を厳選しています。道具の上手な使い方や、美術の中の光と影、色や形の秘密もわかりやすく解説してくれます。

小学校の「苦手な絵」を(秘)ワザで完全攻略

著者:向山洋一 酒井臣吾/出版社:PHP研究所/発行日:2008年2月

絵を基本から学びたい子にオススメ
絵の上達法を、基本から丁寧に教えてくれる本です。生き生きとした絵が描ける「線のかき方」、人や動物などの「形のつくり方」、「色のぬり方」等のコツをわかりやすく解説。自分の絵に欠けている点がわかり、描く絵に自信が持てるようになるのでは。


アーティストの絵から感じよう、学ぼう!

子どものためのアートブック その1

出版社:ファイドン/発行日:2006年4月

アーティストからたくさんの刺激を受ける1冊
絵画、彫刻、写真など30人のアーティストの作品から、どうしてその方法を選んで造ったのか、考え方、手法の役割、機能の違いを探っていきます。斬新な作品の数々は、子どもの創造性と想像力を刺激しそうです。色や形、質感、パターンを理解する助けにもなる1冊です。

見てごらん!名画だよ

著者: マリー・セリエ 結城昌子/出版社:西村書店(新潟)/発行日:2007年12月

気分は美術館での鑑賞。名画の世界へようこそ!
ゴッホ・シャガール・セザンヌ・ウォーホル・ムンク・ターナー・ボナール・モネ・フェルメールなど、名画が満載の1冊。 好きなページを開いて、お気に入りの絵を見つけてくださいね。大人の名画への入門書としても最適。親子でお楽しみください!


【パパママ向け】子どもの絵から感じよう

子どもの絵は何を語るか

著者:東山明 東山直美:出版社:NHK出版/発行日:1999年7月

絵を通して見えてくる、子どもたちの心
子どもは感動したこと、発見したことを、実に魅力的に絵で表現しますよね。美術教育・発達科学研究の第一線で多くのフィールドワークを経験した著者が、描く絵と成長の過程を紐付けて辿っていく中で、「子どもが絵を通して伝えたいこと」が見えてきます。子どもが何を描いているか、人間はなぜ描くのかを科学的な視点を踏まえて考えられる1冊です。


まなびのヒント

【連載】今月の読書のツボ 第1回「数に強くなる本」

算数に苦手意識を持たれているお母さんも多いのではと思いますが、勉強だからと必死になるほど、算数が嫌いになってますますわからなくなる・・・という悪循環は避けたいものです。… (2013/06/11)すべて読む

訪れていただいた皆様へ
メンバー登録(無料)をすると レビュー投稿でポイントが貯まる!貯まったポイントで本・教材が買える!
  • 新規メンバー登録
  • サインイン
絵本ナビメンバーは登録不要!こちらよりサインインいただけます。
絵本エイド ―こころにひかりを― 東北地方太平洋沖地震被災地支援プロジェクト
売れ筋ランキングBest3
もっとも販売数が多い本・教材
第1位
評価:★★★★4.00
→レビューを見る(1件)
本体価格:¥1,300+税
第2位
評価:★★★★★5.00
→レビューを見る(1件)
本体価格:¥1,200+税
第3位
評価:★★★★★5.00
→レビューを見る(1件)
本体価格:¥1,200+税
(C) IID, Inc. / (C)Ehon navi Corporation