まなびナビ(ManabiNavi Let's Enjoy Learning)

学習参考書・知育教材を選ぶなら「まなびナビ」
子どもに学ぶ喜びをお届けします

  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド・FAQ
  • ご意見・ご要望

こだわり検索はこちら

【特集】大河ドラマで、歴史学習がもっとおもしろくなる

竹原 雅子 2011/08/24

いつの時代もお茶の間をにぎわせてきた大河ドラマ、今年で放送も48年を迎えたそうです。

最近は若い視聴者層を意識し、人気俳優の登用や、わかりやすいストーリー展開を目指しているとのこと、
毎回欠かさず観てしまう、なんて方も多いのではないでしょうか。
近年では宮崎あおいさんの篤姫、妻夫木聡さんの直江兼続、福山雅治さんの新しい坂本龍馬像も見応えありました!

私事で恐縮ですが・・・幼い頃の我が家の日曜夜は、やっぱり大河ドラマ。
この時間のチャンネル権は父にあり、子ども心に渋々付き合っていた記憶がありますが、
そのうちすっかり夢中になって、毎週テレビに釘づけでした。

若き渡辺謙さんが熱演した、逆境に立ち向かいながら東北を制する伊達政宗のドラマチックな生き方、
中井貴一さん演じる武田信玄と柴田恭兵さんの上杉謙信が繰り広げる、気迫あふれる決戦・・・。
魅力的に描かれる人物やストーリーに夢中になれたおかげで、
教科書中心に進む歴史学習にも、すんなりと入っていくことができました。

歴史学習への第一歩は、自分たち日本人のルーツに興味・関心を抱くこと。
時代を生き抜いてきたヒーロー・ヒロインに感情移入することで
歴史的な出来事や人物の関係を、よりリアリティを持ってとらえるができる。
大河ドラマは、子どもたちの歴史学習の入り口に最適ではないでしょうか。

そこで今回は、まなびナビ編集部おススメ、歴代大河ドラマ主人公の伝記や学習まんがをピックアップしてみました。

ドラマを先取りして読めば、歴史的史実を先に理解し、ドラマを120%楽しむ事ができますし、
ドラマを観た後に読めば、描かれていなかった人物や出来事まで、時代への考察を新たに深める事ができますね。

子ども向けの伝記や学習まんがは内容や表現がわかりやすく、読みやすいものが多いので
これまで歴史に苦手意識があった・・・なんてパパ・ママにもおススメです!

家族で迎える日曜日の夜は魅力的なバラエティ番組も多く、
お子さんとのチャンネル権争いも激しいことでしょう(笑)。
ここは一つ、大河ドラマをきっかけに、親子で歴史の学習をスタートしてみませんか?

今年の大河ヒロイン 時代に翻弄されるお江の人生は切なく、たくましい

 江 浅井三姉妹戦国を生きた姫たち

作:越水利江子/出版社:ポプラ社/発行日:2011年3月

織田信長の姪であり、豊臣秀吉の養女、そして三代将軍・徳川家光の母になった江。幼くして父を亡くし、母・お市と二人の姉とともに手を取り合って育ちました。しかし、三度の政略結婚ののち、大坂の陣では姉たちと敵味方に分かれてしまい…!
戦国乱数を、強く美しく生き抜いた江の人生を描きます。小学校上級からおすすめです。

戦国のヒロイン 江

著:万乗大智。川口素生/出版社:小学館/発行日:2011年7月

激動の時代を強く生き抜き、最後には江戸幕府将軍の妻そして母、さらには天皇の祖母という、当時の女性としては最高の地位を手に入れた江姫の53年間の生涯を大ボリューム140ページのまんがで描きます。
加えて織田信長のめいであり、豊臣秀吉の養女であり、徳川家康息子の嫁であった彼女は、”戦国の三英傑”たちとどのように関わって生きたのか・・・など、30ページ近くの読み物記事で紹介されていて、NHK大河ドラマのストーリーがより深く理解できる構成になっています。

お江 戦国の世を行きぬいて

著:国松俊英、十々夜/出版社:岩崎書店/発行日:2010年12月

父・浅井長政はお江が幼い日に亡くなった。また母・お市の方と義父・柴田勝家が、燃え落ちる城と運命をともにしていく・・・。
お家滅亡後も権力者たちによって政治の駒として利用されるお茶々、お初、お江、残された浅井家三姉妹の波乱の人生が始まります。
戦国の世の政略で嫁ぎ先を決められ、数奇な運命をたどった三女・お江の強さと愛と哀しみを描きます。


2010年大河のヒーロー 龍馬の生き方は、いつも大切なことを教えてくれる

葉っぱの工作図鑑

著:横山充男/出版社:ポプラ社/発行日:2009年11月

幕末の激動の時代を、駆け抜けるように生きた坂本竜馬。
その魅力的な人柄と自由な考え方で、周囲の人々を動かし、そして時代を動かしていった竜馬の生涯を、わかりやすく綴った伝記です。
小学校中級からおおすすめします。

角川つばさ文庫 龍馬伝 1

著:福田靖、蒔田陽平/出版社:角川グループパブリッシング/発行日:2010年03月

坂本龍馬の一生を、三菱財閥創始者の岩崎弥太郎が語る、オリジナル大河ドラマ小説版計4巻。
1835年、土佐藩郷士の次男として生まれ、弱虫だった龍馬。江戸で剣術を磨き、黒船を間近で見たことから、龍馬の人生と日本の行く末は大きくかわる。
幕末を自由な心で駆けぬけた龍馬と仲間たちを描きます。小学上級から。

坂本龍馬 新しい日本を切りひらいた幕末の志士

著:ながいのりあき、川口素生/出版社:小学館/発行日:2009年12月

『江戸』から『明治』へ…もう、藩と藩が争う時代ではない。『世界の中の日本』をつくろうとして、幕末の世をかけめぐった坂本龍馬。土佐藩を飛び出し、自由でスケールの大きい発想で日本の将来を考え、幕末の世を変えようとしました。
激動の時代を駆け抜けた龍馬の熱き想いと生涯を、漫画でわかりやすく描いた伝記です。


2009年大河のヒーロー 愛と義に生きた戦国武将・直江兼続に学ぶもの

直江兼続 愛と義に生きた武将 天下人徳川家康にいどむ

作:小西 聖一/絵:牧田廣美/出版社:理論社/発行日:2009年03月

日本史をいろどった数々の事件。その歴史の断片から《未来》をさぐる伝記シリーズです。
〈義〉を重んじ、民の生活を豊かにすることに心血を注いだ直江兼続。
上杉景勝の家老であり、関ケ原の戦いを引き起こすきっかけを作った兼続が生きた時代と、その生涯に迫り、わかりやすく伝えています。

ポプラポケット文庫 直江兼続

著:加来耕三/出版社:ポプラ社/発行日:2008年12月

上杉謙信によって、その才能を見いだされた直江兼続。謙信の死後、兼続はわかくして上杉家の家老となり、主である上杉景勝を支えます。
豊臣秀吉、徳川家康、伊達政宗という、名だたる武将と対等に渡りあい、「義」と「愛」をつらぬいた兼続の人生を描き出します。小学校上級から。

戦国人物伝 伊達政宗

作:加来耕三/出版社:ポプラ社/発行日:2010年07月

上杉家のライバルである伊達政宗の視点で描かれた、直江兼続像に迫ることができる1冊です。
戦乱の奥州を平定し、そこから天下をのぞむ「伊達者」と呼ばれ、天下人の秀吉、家康に対抗し続けた政宗。苦難の人生にもひるむことのなく、“独眼竜”と恐れられた政宗の生涯を感じとれる学習まんがです。


2012年大河の新ヒーロー 平清盛の活躍を先取りしよう!

源平武将伝 平清盛

作:加来耕三/出版社:ポプラ社/発行日:2009年09月

武士として生まれながら、太政大臣にまで上り詰めた男の波瀾万丈の生涯。平家一門の栄光と悲劇を描いた学習まんがです。
平清盛を知るための基礎知識も収録されています。

学習漫画 日本の伝記 平清盛/平氏の全盛期をきずいた政治家

保元・平治の乱を勝ち抜き、京の朝廷で太政大臣となった平清盛は、平氏の一族だけで朝廷の権力の座をかため、独裁政治を行う・・・。英雄・平清盛の生涯をわかりやすくおもしろく、学習まんがで学ぶことができる1冊です。

学研まんが人物日本史 平清盛 平氏一門の栄え

著:田中正雄(漫画)/出版社:学習研究社/発行日:1981年04月

平清盛は保元・平治の乱で力を強め、ついには太政大臣となって平氏全盛の時代を築きました。やがて源氏が兵をあげ、源平の戦いが激しくなる中、清盛は病死・・・。
巻頭・巻末でその時代の特色や要点が詳しく解説され学校の勉強に役立つ工夫がいっぱいの1冊です。


まなびのヒント

【連載】今月の読書のツボ 第1回「数に強くなる本」

算数に苦手意識を持たれているお母さんも多いのではと思いますが、勉強だからと必死になるほど、算数が嫌いになってますますわからなくなる・・・という悪循環は避けたいものです。… (2013/06/11)すべて読む

訪れていただいた皆様へ
メンバー登録(無料)をすると レビュー投稿でポイントが貯まる!貯まったポイントで本・教材が買える!
  • 新規メンバー登録
  • サインイン
絵本ナビメンバーは登録不要!こちらよりサインインいただけます。
絵本エイド ―こころにひかりを― 東北地方太平洋沖地震被災地支援プロジェクト
売れ筋ランキングBest3
もっとも販売数が多い本・教材
第1位
評価:★★★★4.00
→レビューを見る(1件)
本体価格:¥1,300+税
第2位
評価:★★★☆☆3.00
→レビューを見る(1件)
本体価格:¥800+税
第3位
評価:★★★★★5.00
→レビューを見る(1件)
本体価格:¥1,200+税
注目度ランキングBest3
もっともアクセス数が多い本・教材
(C) IID, Inc. / (C)Ehon navi Corporation